全景 戻る
面積、高さ、道路沿いの境界線のセットバックなど法的制限が、都会並みに厳しく掛かってくる建物となった。その上、隣接するご両親の家への車の出入りに配慮した結果、1階部分の建てられるスペースが限られたが、特徴的な朱色のR壁が生まれた。奥の2階のR壁の裏は、メインフロアーのバルコニー。ご両親宅との接点となるよう願って計画した。
 

LDK全景
狭小敷地に建つ建物にとって面積が少なくて済む螺旋階段は、ここでは1階から3階まで繋ぐ主要動線となる。将来にわたって安全、安心、上り易さなどには特に細心の注意を払いつつ、軽やかに見せるため、鉄骨屋さんとは何度も打合せを行った。それにしても階段は面白い。空間に動きや変化を与えてくれる。デザイン的に力を入れる部位の1つである。

LDK+畳の間全景
上階は4人の子供の部屋と勉強コーナー。親子が一緒に並んでデスクワークをしたり・・・。吹抜けを介して、お互い気配を感じ取れる関係がある。
戻る